So-net無料ブログ作成
検索選択

続傍聴記 [勉強]

今日の被告人は、強盗傷害で逮捕された青年だった。
青年は少しは反省している様子だが、父親がまったくだらしない。
自分の子供の性格を全くわかっていないのだ。

検察官  どうして、お子さんはこんな事件を起こしたとお思いですか?
父親   今から子供とがんばって生きたいと思います。
検察官  そういうことを聞いているのではなくて、なんでこんなことになったかを聞いているんです。
父親   とりあえず、事件のことはあまり聞いていないのでわかりませんが、がんばりたいです。
検察官  がんばるとはどういう意味ですか!何が原因かを聞いているんです!
父親   だからそれは・・・。子供を一人暮らしさせて矯正しますので。
検察官  原因がわからないのでは、同じことを繰り返す可能性だってあるんじゃないですか!
父親   被害者に慰謝料も払っていますので・・・。

こんな会話が5分くらい続いていました。反省してたって、具体的な改善策がないんじゃだめでんがな。
裁判は本当にドラマがあるな。小さいドラマだけど。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 2

お父さーん、一人暮らしさせて矯正ってー・・・という感じですね。
検察官のツッコミもドラマのように厳しいんですね。ツッコまれて然るべきですが。
by (2006-10-01 10:18) 

ブーブークラブ

確かに・・・ドラマがありますね。
「この親にしてこの子あり」って言葉あったように思いますが、
まさにその通りですね。
傍聴して、こういう現実を見るのも「反面教師」として
とても勉強になりそうですね。
by ブーブークラブ (2006-10-01 13:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。